東京都建設業許可申請・経営事項審査申請・入札参加資格申請のことなら、東京都新宿区の横内行政書士法務事務所にお任せください。

東京都建設業許可申請・経営事項審査・入札参加資格申請

横内行政書士法務事務所

東京都の建設業許可申請全般に精通した行政書士事務所です。

〒169-0075  東京都新宿区高田馬場1-27-3  ニュー竹宝ビル807  

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日夜間対応します。
事前にご連絡ください。

JR山手線
高田馬場駅から徒歩2分
【ご依頼者さま専用ダイヤル】

03-6912-1255

内装仕上工事業の建設業許可の取り方について

・内装仕上工事で建設業許可が欲しい!
・元請から「建設業許可を取ってください」とお願いされている...

内装仕上工事の建設業許可取得で困っていらっしゃいませんか?実際には、500万円以上の工事は多くはないけど、取引先から「内装仕上で建設業許可を持ってください」と頼まれたり、もしくは、すでに2000万円近くの内装仕上工事の仕事を請負ってしまっているとか。

元請や取引先から「許可を持ってくれ」と言われているにしろ、すでに500万円以上の内装工事を請負ってしまっているにしろ、建設業許可(内装仕上工事業)を取得するのは急務ですね。そこで、このページでは、東京都の内装仕上工事業の許可取得の仕方に絞って解説したいと思います。

そもそも、「内装仕上工事」って?

内装仕上工事は、建物の修繕・リフォーム・改築・新築の際に行われる比較的メジャーな工事ですね。そのため、内装仕上工事の許可を持っている建設業者様は、全29業種の中で、8番目に多い数字となっています(H29年3月末、国土交通省調べ)。

例えば、

  • インテリア工事
  • 天井仕上工事
  • 壁張り工事
  • 内装間仕切り工事
  • 床仕上工事
  • たたみ工事
  • ふすま工事
  • 家具工事
  • 防音工事

などが内装仕上工事業に該当します。

許可要件その1.「役員の経歴」について

・取締役としての経験が必要?

これは、内装仕上工事業に関わらず、建設業の許可を取得する際に必ず必要になってくる要件です。建設業許可を取得するためには、取締役としての経験が最低でも5年間は必要です。内装仕上工事の許可を取りたいのであれば、

  • 内装仕上工事を行っていた会社の取締役としての経験が5年

もしくは

  • 内装仕上工事以外の工事を行っていた会社の取締役としての経験が6年

必要です。この取締役としての経験がある人を『経営業務管理責任者』と呼びます。建設業の許可を取得するには、この『経営業務管理責任者』が許可を申請する会社の常勤の役員として存在しなければなりません。

許可要件その2.「技術者の資格」について

・許可を取るには技術者が必要?
・どんな資格であれば内装工事の許可を取れるの?

内装仕上工事の建設業許可を取得するには、上記に挙げた『経営業務管理責任者』のみならず『専任の技術者』が御社に常勤していなければなりません。内装仕上工事業の許可を取得するのに必要な技術者の資格は以下の通りです。

  • 一級建築施工管理技士・・・・◎
  • 二級建築施工管理技士(仕上げ)・・・・○
  • 一級建築士・・・・◎
  • 二級建築士・・・・○
  • 技能検定(畳製作・畳工)・・・・○
  • 技能検定(表具・カーテン施工・床仕上げ施工)・・・・○

(◎は、特定許可を取得可能、〇は一般許可のみ取得可能)

許可要件その3.「技術者の実務経験」について

・「資格」がないと、内装仕上工事の許可は取れないのですか?
・「10年の実務経験の証明」は大変ですか?

仮に、上記に掲げた「内装仕上工事業の許可取得に必要な資格」を持っていなかったとしても、『専任の技術者』になることは可能です。もっともその場合、

  1. 「10年間どこかの会社に勤めていたこと」もしくは「10年間個人事業主だったこと」の証明と
  2. 上記の10年間「内装仕上工事業を施工していましたよ」という証明

の2つの証明が必要になってきます。この2つの証明は、正直とても難しいです。例えば、1.については、「厚生年金被保険者記録照会回答票」「住民税特別徴収税額通知書」「確定申告書」で勤務もしくは、個人事業主としての10年間の証明が必要です。2.については、「契約書」「注文書・請書」「請求書+入金通帳」で内装仕上工事を行っていたことの証明が必要です。

「10年前の資料なんて残っていない!!」となってしまうと内装仕上工事業の許可はおろか、どんな業種の建設業許可を取得するのも難しくなってしまいます。

許可要件その4.「技術者の実務経験」の短縮について

・10年間の実務経験の証明期間が短縮される場合があります!!
・建築学又は都市工学に関する学科を卒業していませんか?

実は、1級建築士などの国家資格がない場合、「必ず10年間の実務経験を証明しないといけない」わけでもありません。実務経験の証明期間が短縮される場合があります。

それが『建築学又は都市工学に関する学科』を卒業した場合です。

 

都市工学に関する学科環境都市科

都市科

都市システム科
建築学に関する学科環境計画科
建築科
建築システム科
建築設備科
住居科
住居デザイン科
造形科
  • 中学校の上記指定学科を卒業した場合、実務経験は5年に短縮されます。
  • 専門学校の上記指定学科を卒業した場合も、同様に5年に短縮されます。
  • 高校、短大、大学の上記指定学科を卒業した場合、3年に短縮されます。

横内行政書士法務事務所からのアドバイス

以下のような流れで検討して見てください!!

どうしても、東京都で内装仕上工事業の建設業許可を取得したいとお考えであれば、以下のような流れで許可要件を満たすか検討してみてはいかがでしょうか?

1.取締役としての5年ないしは6年の経験のある人

まずは、御社の取締役の中に、

  • 内装仕上工事業を行っていた会社の取締役としての経験が5年以上の人
  • 内装仕上工事以外を行っていた会社の取締役としての経験が6年以上の人

を探しましょう。取締役の経験は、登記簿謄本を取得することで簡単に確認することができます。

もし御社の取締役の中に、上記の要件を満たす人がいなければ、上記の要件を満たす人を見つけて、御社の取締役になってもらうほか方法はありません。

2.国家資格を持っている人

(1)の要件を具備したら次は「技術者」についてです。技術者については、まずは国家資格を持っている人を探しましょう。もし、社内にいなければ、御社に入社していただき、常勤の社員になってもらう必要があります。

3.特定の学科を卒業している人

もし、国家資格者がいなくてもあきらめないでください。建築学科や都市工学学科を卒業した人がいれば、10年の実務経験の証明期間が3年ないし5年に短縮されます。

4.10年間の実務経験を証明できる人

国家資格者も特定学科の卒業生も居ない場合には、ともかく10年の実務経験を証明できる人を探しましょう!10年間個人事業主として内装仕上工事業を行ってきていた人...10年間、内装仕上工事の会社に勤めていたことがある人...。御社の近く、知り合い、親戚などをあたってみるのもよいと思います。

お困りの際は横内行政書士法務事務所へ

・「経営業務管理責任者」の要件を満たしているか?わからない...
・10年の実務経験ってどうやって証明するの?
・どんな書類を用意すれば、内装工事の実務経験を証明できるの?

さて、東京都の建設業許可取得のうち、内装仕上工事業に特化して文章を記載してきましたがいかがでしょうか?許可を取得するのに必要な要件は、ご理解いただけましたでしょうか?

内装仕上工事業の建設業許可を取得する場合、東京都建設業課に上記に記載したことを証明できる資料を持参しなければなりません。といっても、どうやって書類を集めるのか?どんな書類を集めればよいのか?そもそも許可要件を満たしているのか?など判断に迷うことは沢山ありますね。

そんな時には、どうぞ遠慮なさらず、横内行政書士法務事務所にお問合せ下さい。なるべく専門用語を使わず、優しく簡単な言葉でご説明させていただきます。電話だけで伝わらない場合には面談の機会も設けさせていただきます。

皆様からのお問合せをこころよりお待ちいたしております。

内装仕上工事の許可取得にかかる費用

 都に支払う費用

行政書士報酬

(税抜表示)

お支払い額合計

(税抜表示)

 標準的なケース

90,000円

300,000円~390,000円~

情報開示請求を伴う場合や、10年の実務経験の証明が必要な場合には、別途お見積りをご提示させていただきます。

内装仕上工事の申請までにかかる期間

スケジュール

日数

問合せ~面談0日~3日
面談~書類収集・書類作成7日程度
必要書類の押印~申請4日程度
合計お問合せ~許可申請まで2週間程度

※急ぎの場合には別途対応いたします。

建設業許可関連の申請実績一覧はこちら

横内行政書士法務事務所の過去の申請実績を一覧にしました。新規許可申請、10年の実務経験の証明に成功した実績、変更届、経営事項審査など、さまざまな実績を一覧にまとめていますので、どうぞ参考にしてみてください。

書籍出版のご案内はこちら

行政書士横内賢郎が書籍を出版しました。「建設会社の社長が読む手続きの本(会社設立から入札資格の取得まで)」のご案内は、こちらのページで。

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、建設業許可取得の要件については、もちろんのこと、経営事項審査や入札参加資格申請に至るまで、建設業者が必要とする様々な行政手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回、相談料について

【動画】横内行政書士法務事務所/事務所紹介

東京都の建設業許可/経営事項審査/入札参加資格申請でお困りの建設業者様へのメッセージです。横内行政書士法務事務所は建設業支援専門の行政書士事務所です。建設業許可のみならず、経営事項審査・入札参加資格申請・更新申請・業種追加申請・般特新規申請・変更届など、さまざまな申請に精通しています。

超おすすめ!許可・経審・入札の無料動画!絶賛配信中!

建設業の許可要件、決算変更届の必要性、特定建設業許可の取り方、経営事項審査の注意点...など、分からないことや知らないことは意外と多いですね。そんな建設業者さまのために、無料の解説動画をユーチューブにアップしています。全部で29本ありますが、ほとんどの動画が1分以内で終わる、『超、簡単解説』になっています。

建設業許可のことをもっと知りたい、経営事項審査について学びたい、という方はぜひ、視聴してみてください!!

横内行政書士法務事務所に寄せられたお客様の声

横内行政書士法務事務所のサービスをご利用頂いたお客様からの感謝の声を、お客様のご了承を頂いたうえで、ホームページに掲載しています。

  • 「ネットに顔が出ていたので安心できた」
  • 「お見積りが明確で安心した」
  • 「実際にお会いして適確なアドバイスを頂いた」など、

大変多くの『お喜び』と『感謝』の声を頂いております。次は、御社の番です。弊所サービスを利用して「東京都の建設業許可」を取得したり、「経営事項審査」や「入札参加資格申請」を無事終えている事業者さまは、たくさんいらっしゃいます。ぜひ、お客様の声を参考にしてみてください。

3日で終わる「無料メール講座」のご案内

「建設業の許可はとりたいけど、いきなり電話するのには抵抗があるな」とか「経営事項審査についてもう少し勉強したいな」という方のために無料メール講座を配信しています。なるべく基本的な事項に絞って、東京都建設業許可ならびに経営事項審査について解説しています。

まさに、『これから東京都の建設業許可を取得しよう!そのための準備を始めよう!』という方や『前から経営事項審査を受けてみたかった!』『公共工事の入札に興味がる!』という方にうってつけ。この無料メール講座は、3日で終わる簡単な講座です。ぜひ登録してみてください!!

1.「3日でわかる!建設業許可はじめの一歩」

2.「初心者のための日本で一番わかりやすい経審入門講座」

横内行政書士法務事務所にお越しの方はこちら

東京都新宿区高田馬場1-27-3ニュー竹宝ビル807

建通新聞にて建設業許可関連の専門家として紹介されました。

事務所所在地

〒169-0075
新宿区高田馬場1-27-3
ニュー竹宝ビル807

グーグルマップはこちら