東京都建設業許可申請・経営事項審査申請・入札参加資格申請のことなら、東京都新宿区の横内行政書士法務事務所にお任せください。

東京都建設業許可申請・経営事項審査・入札参加資格申請

横内行政書士法務事務所

東京都の建設業許可申請全般に精通した行政書士事務所です。

〒169-0075  東京都新宿区高田馬場1-27-3  ニュー竹宝ビル807  

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日夜間対応します。
事前にご連絡ください。

JR山手線
高田馬場駅から徒歩2分
【ご依頼者さま専用ダイヤル】

03-6912-1255

東京都建設業許可申請代行を
横内行政書士法務事務所に依頼するメリット

横内行政書士法務事務所は、東京都知事の建設業許可新規申請代行に専門特化した行政書士事務所です。建設業許可を申請したいとお考えの事業者さまから大変多くのお問合せやご相談を頂いております。中には、他の事務所で断られたけど、どうしても「東京都の建設業許可が欲しい」とのことで、弊所にご相談に見えた事業者様もいらっしゃいます。

ここでは、東京都の建設業許可の申請代行を横内行政書士法務事務所に依頼する「メリット」について、ご説明いたします。ネット上には、さまざまな行政書士事務所のホームページが存在しますね。皆様が比較検討する際の、参考にしていただけると幸いです。

東京都建設業許可を横内事務所へ依頼するメリット

以下では、横内行政書士法務事務所に「東京都建設業許可申請代行を依頼するメリット」についてまとめました。一読してわからないことがあれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

  1. 東京都建設業許可申請に専門特化
  2. 建設業許可取得後の経審や入札にも精通
  3. 交通の便が良い。都庁から近い。
  4. その他
  5. まとめ

1.東京都建設業許可申請に専門特化

1.行政書士の主な業務は、ご依頼者さまに代わって、書類を作成したり、収集したり、役所に提出したりすることです。行政書士が業務として扱える書類の種類は1万種類にも及ぶといわれています。確かにこの世の中には、数え切れないほどの役所への申請書類がありますね。

その中で、横内行政書士法務事務所は、建設業許可の申請代行、とりわけ「東京都建設業許可の申請代行」に専門特化して事務所運営を行っています。

 

2.すでにご存知の通り、建設業許可の取得は大変難しいです。手引きを見たり、ネットで検索してみたりした方ならわかると思います。弊所は、行政書士として扱う業務の範囲を「東京都建設業許可申請の代行」に絞ることによって、知識と労力を集約し、より高いサービスを事業者さまに提供できるように努めてまいりました。

そのため、他の事務所で断られた案件や、一度は都庁に断られた案件なども受任することが多々あります。

 

3.建設業許可申請は、同じ「申請」であったとしても、地域ごとに様々なルールがあります。どこまで書類を準備すればよいのか、どういった書き方をすればよいのか、コピーを何部用意すればいいのかなど、許可行政庁によって異なるわけです。

弊所では、建設業許可新規申請代行、それも「東京都」の建設業許可新規申請代行というように地域に絞り込みを入れることによって、東京都の審査担当者の特徴や、東京都知事許可の申請のルール、特徴を把握し、事業者さまが一番許可の取りやすい方法を熟知しています。

 

4.行政書士事務所の中には、あまり経験がないのに、「格安の値段」をうたって、集客している事務所もあるようです。そのような「値段を重視したサービス」も大事でしょう。一方で、東京都建設業許可申請代行には、「経験」も「知識」も「労力」も「時間」も必要です。

例えば、「1度申請に行って断られた場合には、再度申請しなおすために、書類を一から作りなす」といったことも必要になってくるわけです。そこまで、手間をかけた申請をすることによって、はじめて東京都建設業許可を取得できる場合があるわけです。

また、他の人が申請に行って断られたようなケースでは、その申請のどこが悪かったのか、どのような見せ方をすれば申請が通るようになるのかなどの検討、確認作業は欠かせません。

 

5.上記に見てきたように、弊所では、「東京都建設業許可の申請代行」に業務を絞ることによって、かなり難易度の高い、難しい案件もお引き受けできるようになっています。もし、『他の行政書士事務所では「ダメだ」といわれた。』『税理士さんに頼んだけどやってもらえなかった』『自分で申請しに行ったら、都庁に断られた』などの理由で困っている方がいらっしゃれば、横内行政書士法務事務所にぜひ、ご連絡をください。

2.建設業許可取得後の経審や入札にも精通

1.皆さんは、東京都知事の建設業許可を取得して、その後、どうしたいですか?もちろん許可を維持し続けたいですよね。せっかく苦労して取った許可なのに、わずか数年しか維持できないのでは、残念ですから。では、その許可を維持するためにはどうすればよいかご存知ですか?

建設業許可は「取得したら終わり」ではありません。これは東京都に限らず、1年に1度の決算変更届の提出、5年に1度の建設業許可更新申請は必ず必要です。

 

2.建設業許可を維持するために、決算変更届や更新申請が必要なのは分かったとして。皆さんは「公共工事」や「入札」といった役所の仕事に興味はありませんか?実は、弊所に「東京都建設業許可の新規申請代行」を依頼する事業者さまのうち、多くの事業者さまが「公共工事や入札」といった役所の仕事を見据えて許可取得のご相談にいらっしゃいます。

 

3.実は、東京都建設業許可新規申請の依頼を横内行政書士法務事務所に依頼する最大のメリットは、許可取得後の、「経営状況分析」「経営事項審査」「入札参加資格申請」といった役所の工事を受注するための手続きに精通しているという点にあります。

現在、多くの行政書士事務所があります。その中で、建設業許可取得を得意としている事務所は多々ありますが、入札参加資格申請までも得意としている事務所となると、そう多くはないと思います。

 

4.例えば、「建設会社の設立」の段階から、「最短で〇〇市の入札参加資格を取得するにはどうすればよいか?」といったようなご相談を受けることがあります。『「会社設立」の仕方はわかるけど、「建設業許可」はやったことがない』『「建設業許可」ならできるけど「入札参加資格申請」のやり方がわからない』といったことでは、安心して依頼することができませんね。

横内行政書士法務事務所では、東京都の建設業許可を取得する前の段階、つまり「会社設立」の段階から、東京都の建設業許可を取得した後の段階、「経営事項審査」「入札参加資格申請」についても、精通しております。

 

5.そのため、同業の行政書士の先生や、社会保険労務士の先生または、税理士の先生から「入札参加資格を取得したい東京都知事許可業者さま」をご紹介していただくといったことが頻繁にあります。

3.交通の便が良い。都庁から近い。

1.横内行政書士法務事務所は、東京都の新宿区内に事務所を構えています。皆さんが「司法書士」「社会保険労務士」「税理士」の先生方に何か仕事を依頼しようと考えたとき、何を重視しますか?もちろん、人柄や専門性、費用も検討項目に入ってくると思いますが、「御社からの距離」「申請場所である都庁からの距離」はどのようにお考えでしょうか?

 

2.「御社からの距離」は近ければ近いほうがよいに決まってますね。例えば、書類に押印が必要なとき、新規許可申請の際に営業所の写真撮影が必要なとき、何か困りごとがあって早急に相談に乗ってほしいときなどなど。「電車を乗り換えて1時間以上移動しないと打ち合わせができない」「面談を行うことができない」となるとちょっと困ってしまいますね。

弊所は、「何か困ったときにはすぐ会える」そんな皆さんの近くにある事務所です。

 

3.一方で「東京都建設業許可申請先である都庁からの距離」はどうでしょう?申請が一回で終わればそれで済みますが、何回も都庁に足を運ばないと「建設業許可を取得することができない」といったことはざらにあります。また、許可を取得した後の、本店の移転届や役員の変更届といった各種届出の提出場所も東京都庁です。

そうであるならば、都庁から事務所の距離が近い「行政書士事務所」を選ぶべきですね。例えば私の場合、朝一番で都庁に申請に行き、不備があれば、不備を訂正し、その日の夕方に再度都庁に申請に行き、その日のうちに申請を済ませてしまうといったことも可能です。

 

4.東京都庁への建設業許可申請代行を依頼するにしても、何か困ったことがあって相談するにしても、「都庁からの距離」「御社からの距離」はとても重要になってきます。横内行政書士法務事務所にご依頼を頂ければ、「大事な時に会えない」「急ぎの時に動いてくれない」といったことがありません。

それが、メリットです。

4.その他

1.例えば、東京都建設業許可を取得した後に、「産業廃棄物収集運搬業の許可」が必要になったり、別会社を設立して「宅建免許」が必要になったりすることがあると思います。

そのような場合でも横内行政書士法務事務所にご依頼をしていただくことは可能です。

2.司法書士や税理士、社会保険労務士の先生をご紹介させていただくことができます。会社を運営していくうえで、大事なのは、「建設業許可関連の申請だけ」ではもちろんありませんね。新入社員の採用や、給料の支払い、税金の申告、会社の登記簿謄本の変更など、1人では対応しきれないほどの手続きが山ほどありますね。

そのような場合に、お声がけを頂ければ、「司法書士」「税理士」「社会保険労務士」の先生をご紹介させていただきます。また事前におっしゃっていただければ、「東京都建設業許可の申請代行をご依頼頂ける際の打合せ」に同席することも可能です。

 

3.横内行政書士法務事務所では、代表行政書士である私が、一貫して作業を行います。顔が見えるサービスをもっとうとしておりますので、責任を持って、最初から最後までお付き合いをさせて頂きます。

5.まとめ

東京都建設業許可申請代行を横内行政書士法務事務所に依頼するメリットについて、ご理解いただけましたでしょうか?

「東京都 建設業許可」などの検索ワードでネット検索すると、たくさんの行政書士事務所があることがわかると思います。その中で、弊所に依頼するメリットは、「建設業許可申請に専門特化」「許可取得後の経審や入札にも精通」「交通の便が良い。都庁から近い。」の3点に集約されることは間違いありません。

さまざまな行政書士事務所のホームページを比較検討して頂いたうえで、もし、すこしでも弊所のサービスに気になるところがあれば、どうぞ、遠慮なくご連絡を頂ければと思います。皆様の「東京都建設業許可申請」がうまく行くことを願っています。

東京都建設業許可申請については
以下の記事も読まれています。

建設業許可関連記事

東京都建設業許可取得についてお困りの方や、許可の取得要件を満たしているかわからない方はぜひこちらの記事も読んでみてください。

東京都建設業許可申請については
もっと詳しく知りたい方は...

建設業許可関連の申請実績一覧はこちら

横内行政書士法務事務所の過去の申請実績を一覧にしました。新規許可申請、10年の実務経験の証明に成功した実績、変更届、経営事項審査など、さまざまな実績を一覧にまとめていますので、どうぞ参考にしてみてください。

書籍出版のご案内はこちら

行政書士横内賢郎が書籍を出版しました。「建設会社の社長が読む手続きの本(会社設立から入札資格の取得まで)」のご案内は、こちらのページで。

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、建設業許可取得の要件については、もちろんのこと、経営事項審査や入札参加資格申請に至るまで、建設業者が必要とする様々な行政手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回、相談料について

【動画】横内行政書士法務事務所/事務所紹介

東京都の建設業許可/経営事項審査/入札参加資格申請でお困りの建設業者様へのメッセージです。横内行政書士法務事務所は建設業支援専門の行政書士事務所です。建設業許可のみならず、経営事項審査・入札参加資格申請・更新申請・業種追加申請・般特新規申請・変更届など、さまざまな申請に精通しています。

超おすすめ!許可・経審・入札の無料動画!絶賛配信中!

建設業の許可要件、決算変更届の必要性、特定建設業許可の取り方、経営事項審査の注意点...など、分からないことや知らないことは意外と多いですね。そんな建設業者さまのために、無料の解説動画をユーチューブにアップしています。全部で29本ありますが、ほとんどの動画が1分以内で終わる、『超、簡単解説』になっています。

建設業許可のことをもっと知りたい、経営事項審査について学びたい、という方はぜひ、視聴してみてください!!

横内行政書士法務事務所に寄せられたお客様の声

横内行政書士法務事務所のサービスをご利用頂いたお客様からの感謝の声を、お客様のご了承を頂いたうえで、ホームページに掲載しています。

  • 「ネットに顔が出ていたので安心できた」
  • 「お見積りが明確で安心した」
  • 「実際にお会いして適確なアドバイスを頂いた」など、

大変多くの『お喜び』と『感謝』の声を頂いております。次は、御社の番です。弊所サービスを利用して「東京都の建設業許可」を取得したり、「経営事項審査」や「入札参加資格申請」を無事終えている事業者さまは、たくさんいらっしゃいます。ぜひ、お客様の声を参考にしてみてください。

3日で終わる「無料メール講座」のご案内

「建設業の許可はとりたいけど、いきなり電話するのには抵抗があるな」とか「経営事項審査についてもう少し勉強したいな」という方のために無料メール講座を配信しています。なるべく基本的な事項に絞って、東京都建設業許可ならびに経営事項審査について解説しています。

まさに、『これから東京都の建設業許可を取得しよう!そのための準備を始めよう!』という方や『前から経営事項審査を受けてみたかった!』『公共工事の入札に興味がる!』という方にうってつけ。この無料メール講座は、3日で終わる簡単な講座です。ぜひ登録してみてください!!

1.「3日でわかる!建設業許可はじめの一歩」

2.「初心者のための日本で一番わかりやすい経審入門講座」

横内行政書士法務事務所にお越しの方はこちら

東京都新宿区高田馬場1-27-3ニュー竹宝ビル807

建通新聞にて建設業許可関連の専門家として紹介されました。

事務所所在地

〒169-0075
新宿区高田馬場1-27-3
ニュー竹宝ビル807

グーグルマップはこちら