東京都建設業許可申請・経営事項審査申請・入札参加資格申請のことなら、行政書士法人スマートサイドにお任せください。

東京都建設業許可申請・経営事項審査・入札参加資格申請

行政書士法人スマートサイド

東京都の建設業許可申請全般に精通した行政書士事務所です。
 
112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

7:00~15:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日夜間対応します。
事前にご連絡ください。

とび・舗装・鉄筋工事の売上高を土木工事に振り替えて、経営事項審査を受審しました!

建経営事項審査を受けている建設業者さまの中でも、意外と知られていないのが「売上高の振り替え(積み上げ)」です。実は、経営事項審査を受ける際には、ある業種の工事の完工高を他の業種の工事の完工高に、振り替えて(積み上げて)申請をすることができるのです。

この「振り替え(積み上げ)」は、経営事項審査の手引きにも書いてあるので、「虚偽申請」や「売上高の作出」には、該当しません。『そんなことが本当にできるのか?』と驚いている方もいるかもしれませんが、経営事項審査の手引きを確認してみてください。

なお、業種間の完工高の「振り替え」と呼ぶのか「積み上げ」と呼ぶのかについては、各自治体によって違いがあるようです。また、どの業種の完工高をどの業種の完工高に「振り替え(積み上げ)」できるのかも、各自治体によって、違いがあるようです。

このページでは、実際に経営事項審査をご依頼してくださったお客様の情報をもとに、東京都の経営事項審査の「振り替え」について、記載していきたいと思います。

2021年9月の申請実績

概要

会社所在地東京都杉並区
業種

土木・とび・鉄筋・舗装工事

日にち

2021年9月

相談内容

相談内容

杉並区の「01:道路舗装」「02:橋りょう」「06:一般土木」の公共工事を受注したいので、経営事項審査のP点を上げたい。

過去に頼んでいた行政書士の先生は「経審はできない」とのことだったので、アドバイスが欲しい。また、経営事項審査の代行も併せてお願いしたい。

申請内容

申請内容
  • 経営事項審査+入札参加資格申請

弊所の対応とコメント

行政書士法人スマートサイドの対応

まず、打ち合わせの段階で、「完成工事高の業種間の振り替え」について、ご存知なかったので、説明をしました。また、杉並区の入札については「今すぐに公共工事を落札したい」というよりも「今後2~3年をかけて、ゆっくり事業の柱としていきたい」ということでした。

前任の行政書士さんは「建設業許可」や「建設業に関する変更届」についてはできたものの、「経営事項審査」はできないとのことでしたので、前任行政書士から引き継ぐ形で、弊所で経営事項審査および入札参加資格申請の申請代行を行うということになりました。

完成工事高の業種間の「振り替え」について

冒頭にも記載しましたが経営事項審査を受ける際には、業種間の売上高(完成工事高)の「振り替え」が認められています。東京都の場合は、以下のような振り替えが可能です。

(1)専門工事から一式工事への振り替え
振替先の一式工事振替元の専門工事
土木一式工事とび、石、タイル、鋼構造物、鉄筋、舗装、しゅんせつ、水道施設
建築一式工事大工、左官、とび、屋根、タイル、鋼構造物、鉄筋、板金、ガラス、塗装、防水、内装、建具、解体
(2)専門工事から専門工事への振り替え
専門工事専門工事
電気電気通信
熱絶縁

水道施設

とび
とび造園
(3)「振り替え」の際の注意点

(1)の具体例でいうと、鉄筋工事や舗装工事の売上高を土木一式工事に振り替えることができます。また、同様に、塗装工事や内装工事の売上高を建築一式工事に振り替えることもできます。

(2)の具体例でいうと電気工事の売上高を電気通信工事に振り替えることや、熱絶縁工事の売上高を管工事に振り替えることができます。

ただし、以下のような注意点があります。

注意点1.振替元の業種で、経審を受けることができません。

たとえば、(1)の具体例で、鉄筋工事の売上高を土木一式工事に振り替えた場合、鉄筋工事で経審を受けることができなくなります。どうしても鉄筋工事で経審を受けたいという方にとっては、おすすめできません。

注意点2.振替元の業種の一部の売上高を振り替えることができません。

たとえば、鉄筋工事の売上高、1億円のうち、8000万円のみを土木一式工事に振り替えるといったことはできません。振り替える場合には、振替元の業種のすべての完成工事高を振り替えなければなりません。

注意点3.事業年度ごとに振替先を変えることができません。

たとえば、今回申請する経審で、審査対象事業年度および前審査対象事業年度の売上高を計上する場合。

審査対象事業年度の、とび工事の売上高を土木一式に振り分け、前審査対象事業年度の売上高を建築一式に振り分けるといったように、振替先をバラバラにすることができません。

注意点4.建設業許可を持っている業種であること。

振替元・振替先ともに建設業許可を持っている業種であることが必要です。例えば、内装工事の売上を建築一式工事に振り替えたいと思ったとしても、「建築一式工事」の建設業許可を持っていなければ、振替を行うことはできません。

実例:振り替え前と後のP点

今回、弊所で対応したお客様は、以下のような振替を行っています。

振替先の一式工事振替元の専門工事
土木一式工事とび、鋼構造物、舗装、

なお「注意点4」でも指摘したように、建設業許可を持っている業種でなければ経審を受けることはもちろんのこと振替を行うこともできません。

このお客様の場合、「土木」「とび」「鋼構造物」「舗装」の4業種について、建設業許可を取得済みです。

1.過去2年間の完成工事高

過去2年間の各業種の完成工事高は、以下の通りです。

業種前審査対象事業年度審査対象事業年度2年間の平均完成工事高
土木0千円0千円0千円
とび1.488.038千円1.158.341千円1.323.190千円
鉄筋143.001千円346.469千円244.735千円
舗装0千円179.514千円89.757千円
【合計】1.631.039千円1.684.324千円1.657.682千円
2.振替前のP点

上記の4業種を「完成工事高の業種間の振替」を行うことなく、そのままP点を算出すると以下のようになります。

業種2年間の平均完成工事高P点
土木0千円679点
とび1.323.190千円812点
鉄筋244.735千円751点
舗装89.757千円745点

シミュレーション結果は以下の通りです。

3.振替後のP点

とび・鉄筋・舗装の3つの業種の売上高を土木一式工事に振り替えた場合の2年平均の完成工事高は、以下のようになります。当然のことながら、内訳が変わるだけで、合計や平均完成工事高に変更はありません。

業種前審査対象事業年度審査対象事業年度2年間の平均完成工事高
土木1.631.039千円1.684.324千円1.657.682千円
とび0千円0千円0千円
鉄筋0千円0千円0千円
舗装0千円0千円0千円
【合計】1.631.039千円1.684.324千円1.657.682千円

上記のように「完成工事高の業種間の振替」を行ったうえで、P点を算出すると以下のようになります。

業種2年間の平均完成工事高P点
土木1.657.682千円876点

「注意点1」に記載したように、振替元の業種では経審を受けることができないので、「とび」「鉄筋」「舗装」の3業種では、P点は算出されません。

シミュレーション結果は以下の通りです。

4.振替前と振替後の比較

振替前と振替後のP点を比較してみると、一目瞭然ですが、土木一式工事のP点が197点もアップしています。

業種振替前P点振替後P点比較
土木679点876点197点UP
とび812点
鉄筋751点
舗装745点

入札参加資格申請への影響

このように土木一式工事のP点を197点もアップさせることができました。

しかし、「とび」「鉄筋」「舗装」の売上高を振り替えた影響で、「とび」「鉄筋」「舗装」の経審を受けることができず、P点がありません。このについて、「大丈夫なのか?」と疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この点については、経営事項審査を受けたあとにやってくる「入札参加資格申請の手続き」と関連するため、入札参加資格申請の深い知識が必要になってくる場面です。以下では、簡略化して説明いたします。

入札に参加したい営業種目は?

この会社の場合「杉並区の入札に参加したい」とのことでしたが、入札に参加する業種は、

  • 01:道路舗装
  • 02:橋りょう
  • 06:一般土木

の3つです。そこで、この3つの業種の入札参加資格を申請するために必要な条件について、手引きの該当箇所を見てみましょう。

すると、以下の表のように、「とび」「鉄筋」「舗装」でP点を取得していなくても「(土木一式)」で経審を受審し、P点を取得していれば、「01:道路舗装」「02:橋りょう」「06:一般土木」のいずれについても、問題なく入札参加資格を取得できることがわかります。

番号業種必要な建設業許可の業種P点が必要な経審業種
01道路舗装工事・舗
02橋りょう工事
06一般土木工事土・と・舗・と・水

完成工事高の業種間の「振り替え」を行っていなかったら!

それでは、最後に「完成工事高の異業種間の振り替え」を行わず、そのまま経審を受けて、入札参加資格を取得した場合について、「01:道路舗装」を例にとってみていきましょう。

(1)「01:道路舗装工事」の客観等級のランク付け

皆さんは、「ランク付け」や「等級格付け」といった言葉をご存じでしょうか?簡単に言うと、入札参加資格を申請する際には、AランクやBランクといったように、経審の結果(P点)、過去の実績などを加味して、各会社ごとにランクが付与されます。ランク(格付け)が良ければよいほど、大きい公共工事への入札が可能になります。

ここでは、わかりやすさを重視するために主観等級は無視して、客観等級のみについて、説明いたします。

東京都および東京都内23区市町村の「01:道路舗装工事」の客観等級の格付け基準は以下の表のようになっています。

客観点数(P点)客観等級
900点以上
750点以上900点未満
650点以上750点未満
600点以上650点未満
600点未満
(2)業種間の振り替えを行わなかったら...

もし、業種間の振替を行うことなく、経審を受審していたら、

  • 土木工事のP点は、679点
  • 舗装工事のP点は、745点

のため、「650点以上750点未満」のCランク相当になってしまいます。

(3)業種間の振り替えを行ったおかげで...

一方で、今回のように業種間の振替をおこなった場合

  • 土木工事のP点は、876点

のため、「750点以上900点未満」のBランクに該当することができます。

「01:道路舗装工事」の入札参加資格を取得するためには、

  • 舗装工事の建設業許可を持っていること

のほかに、

  • 舗装工事で経審を受けていること、もしくは土木工事で経審を受けていること

が必要です。経審を受審してP点を取得する業種については、「舗装工事」でも「土木工事」でも、どちらでもよいわけです。

そうすると、わざわざ、P点の点数や等級格付け(ランク)が低くなる「舗装工事」で経審を受審するよりも、「業種間の売上高の割り振り」を行って、舗装工事の売上を土木一式工事に振り替えたうえで、経審を受けたほうが、『断然お得』ということになるはずです。

本件のコメント

今回の事業者さまからご依頼を受けた際には、

  • 過去の決算変更届の提出状況
  • 売上高の割り振り状況

などを確認し、何回もシミュレーションを行い、お客様にとって、どういった方法で経審を受審するのがベストなのかについて、かなり神経を費やしました。

やり方によっては、「P点の点数が197点も変わってきたり、Bランクを取得できるのにCランクになってしまったり」することもあるわけで、知らず知らずのうちに御社にとって不利な申請を行っていることも十分に考えられます。

公共工事を落札するには、入札参加資格申請の仕組みをよく理解している必要があります。入札参加資格申請でより良いランク・格付けを取得するには、経営事項審査の手続きの理解が必須です。

通常の手続きは、「建設業許可取得→経営事項審査申請→入札参加資格申請→等級格付け・ランクの付与」といった流れになり、相互の関連性やどの部分がどこに影響してくるのか?といったポイントがいまいちよくわかりづらいかもしれません。

経営事項審査の申請の仕方によっては、今回の事案のように、P点が679点から879点に、197点もアップするようなことがあるわけです。ぜひ、これから経審を受審される方の参考にしていただければ幸いです。

ご案内資料(PDF)のダウンロードはこちら

  • 建設業許可を新規で取得する際の手続きの流れや費用
  • 経営事項審査を受けたい人のための必要書類や流れ

といった行政書士法人スマートサイドに業務をご依頼頂いた際の基本情報が満載。ぜひ、業務案内資料(PDF)をダウンロードして、参考にしてみてください。

お電話での「業務のご依頼・お申込み」はこちらから

「手続きの仕方が分からない」「やり方を教えて欲しい」といった申請手続きに関する質問・相談については、有料の事前相談をご案内させて頂きます。

メールでの「業務のご依頼・お申込み」はこちらから

建設業許可取得、経営事項審査申請、入札参加資格の取得に関する新規のご依頼は、すべて下記メールフォームから受け付けております。以下のフォームに必要事項をご記入のうえ、「送信内容を確認する」ボタンをクリックして送信してください。

「手続きの仕方が分からない」といった申請手続きに関する質問については、有料の事前相談を行っています。下記、「依頼内容」に相談事項をご記入のうえ、メール送信を行ってください。相談日時、相談費用などについて個別にご案内させていただきます。

(例:株式会社○○)

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)

(無料での相談・質問は、受け付けておりません)

(例:東京都の建設業許可を取得したい)

書籍出版のご案内はこちら

4冊目にして初の電子書籍にチャレンジしました。「1週間以内に建設業許可が必要な人が読む本」。特に、建設業許可の要件でお悩みの方にお勧めです。30分で読めます。

行政書士横内賢郎が書籍を出版しました。「建設会社の社長が読む手続きの本(会社設立から入札資格の取得まで)」のご案内は、こちらのページで。

東京都(物品・委託)と全省庁統一資格の申請の入門書。「入札参加資格申請は事前知識が9割」を出版しました。出版ご案内のページはこちらから。

経営事項審査を受けたい方のために書いた著書。「はじめての方のための経営事項審査入門書」を出版しました。経営事項審査を受けて公共工事を受注したい方は、必読です。

事前相談ご希望の皆様へ~初回相談料についてのご案内

弊所では、手続きに関する質問や疑問点などの相談を承っています。

  • 申請手続きをするにあたって、こんなことが不安...
  • 実際に依頼するには、どんなことに注意すればよいの?
  • うちの会社は、許可がとれるのだろうか?
  • どうやったら、申請手続きをスムーズに終わらせることができるの?

といった疑問については、すべて事前相談にてお答えさせていただきます。事前相談は、ご希望の方にのみ「弊所にて」「1時間程度」「有料にて」実施しております。

相談をご希望の方は、ぜひご連絡をください。相談日時を調整のうえ、個別にご案内させていただきます。

事前相談料(要予約)


手続に関する事前相談をご希望の方のために「弊所にて」「1時間」「有料の事前相談」を承っております。

¥11、000/1時間

建設業許可関連の申請実績一覧はこちら

横内行政書士法務事務所の過去の申請実績を一覧にしました。新規許可申請、10年の実務経験の証明に成功した実績、変更届、経営事項審査など、さまざまな実績を一覧にまとめていますので、どうぞ参考にしてみてください。

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、建設業許可取得の要件については、もちろんのこと、経営事項審査や入札参加資格申請に至るまで、建設業者が必要とする様々な行政手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

【動画】行政書士法人スマートサイド/事務所紹介

東京都の建設業許可/経営事項審査/入札参加資格申請でお困りの建設業者様へのメッセージです。横内行政書士法務事務所は建設業支援専門の行政書士事務所です。建設業許可のみならず、経営事項審査・入札参加資格申請・更新申請・業種追加申請・般特新規申請・変更届など、さまざまな申請に精通しています。

超おすすめ!許可・経審・入札の無料動画!絶賛配信中!

建設業の許可要件、決算変更届の必要性、特定建設業許可の取り方、経営事項審査の注意点...など、分からないことや知らないことは意外と多いですね。そんな建設業者さまのために、無料の解説動画をユーチューブにアップしています。全部で29本ありますが、ほとんどの動画が1分以内で終わる、『超、簡単解説』になっています。

建設業許可のことをもっと知りたい、経営事項審査について学びたい、という方はぜひ、視聴してみてください!!

行政書士法人スマートサイドに寄せられたお客様の声

横内行政書士法務事務所のサービスをご利用頂いたお客様からの感謝の声を、お客様のご了承を頂いたうえで、ホームページに掲載しています。

  • 「ネットに顔が出ていたので安心できた」
  • 「お見積りが明確で安心した」
  • 「実際にお会いして適確なアドバイスを頂いた」など、

大変多くの『お喜び』と『感謝』の声を頂いております。次は、御社の番です。弊所サービスを利用して「東京都の建設業許可」を取得したり、「経営事項審査」や「入札参加資格申請」を無事終えている事業者さまは、たくさんいらっしゃいます。ぜひ、お客様の声を参考にしてみてください。

3日で終わる「無料メール講座」のご案内

「建設業の許可はとりたいけど、いきなり電話するのには抵抗があるな」とか「経営事項審査についてもう少し勉強したいな」という方のために無料メール講座を配信しています。なるべく基本的な事項に絞って、東京都建設業許可ならびに経営事項審査について解説しています。

まさに、『これから東京都の建設業許可を取得しよう!そのための準備を始めよう!』という方や『前から経営事項審査を受けてみたかった!』『公共工事の入札に興味がる!』という方にうってつけ。この無料メール講座は、3日で終わる簡単な講座です。ぜひ登録してみてください!!

1.「3日でわかる!建設業許可はじめの一歩」

2.「初心者のための日本で一番わかりやすい経審入門講座」

行政書士法人スマートサイドにお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601

Chatworkでのお問い合わせは、こちらから。