東京都建設業許可申請・経営事項審査申請・入札参加資格申請のことなら、東京都新宿区の横内行政書士法務事務所にお任せください。

東京都建設業許可申請・経営事項審査・入札参加資格申請

横内行政書士法務事務所

東京都の建設業許可申請全般に精通した行政書士事務所です。

〒169-0075  東京都新宿区高田馬場1-27-3  ニュー竹宝ビル807  

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日夜間対応します。
事前にご連絡ください。

JR山手線
高田馬場駅から徒歩2分
【ご依頼者さま専用ダイヤル】

03-6912-1255

     「そうだ!!経営事項審査を受けたい!!」
 と思ったら、真っ先に確認すべき4つのこと

「経営事項審査を受審したい」と思っても、何から始めればよいのか?最初の一歩が分からないと、どうにも動きようがなく困ってしまいますね。経営事項審査を行政書士に依頼するにしても、自社で対応するにしても、まず初めに確認すべき事項があるはずです。自社が本当に「経営事項審査を受けることができるのかどうか?」「経営事項審査を受けることができるとした場合、どこに注意すればよいのか?」「手続きの流れはどうなるのか?」など、基本的事項を、理解しているに越したことはありません。

そこで、このページでは、経営事項審査を受けたいと思ったら、真っ先に確認して頂きたい4つのことに絞って記載しました。わかっていなければならないことや押さえておきたいポイントは、まだまだあるのですが、まずは、初歩的なところから基本を確認していくことが大事ですね。

1.建設業許可と決算期の確認

建設業許可

経営事項審査を受けるには、建設業許可を取得している必要があります。「そんなの当たり前でしょう」と思う方もいるかもしれません。しかし、弊所には、建設業許可を取得していない事業者さまから「経審を受けたい」とご連絡を頂くことがあります。「会社を設立して間もない事業者さま」や「公共工事の受注に興味のある事業者さま」ですね。

また、仮に建設業許可を持っていたとしても、内装工事の許可業者が管工事の経審を受けることはできません。管工事の経審を受けたいのであれば、管工事の許可を持っている必要があります。経営事項審査を受ける際には、受けようとする業種の建設業許可を持っているかを第1に確認しましょう。

決算期

経営事項審査は、「直前の決算期」の完成工事高や財務諸表について審査が行われます。ですので、建設業許可を取得しただけでなく、建設業許可を取得した後に、決算を迎えていないと経営事項審査を受けることはできません。

決算期を迎えて、納税申告を行い、決算変更届を提出してから経営事項審査を受審することになりますので、自社の決算期はいつか?確認をして、スケジュールを立ててみてください。

2.決算変更届⇒経営状況分析⇒経営事項審査の流れ

手続きの流れ

真っ先に確認すべきことの2つ目は、「決算変更届→経営状況分析→経営事項審査」といった流れとスケジュールです。決算期を迎えないと、建設業許可を持っていても、経営事項審査を受審できないことは、前述いたしました。もっとも、決算期を迎えたからといって、『すぐに』経営事項審査を受けることができるようになるわけではありません。

1.決算変更届の提出

経営事項審査を受審するには、決算変更届の提出が必要です。1期でも決算変更届の提出がなされていないと経営事項審査を受審することはできません。東京都の場合、決算変更届の副本がないと、経営事項審査の予約を入れることができませんね。

ちなみに、決算変更届はすべて「消費税抜き」で記載することになります。また、工事経歴書も経営事項審査を受けないときと、経営事項審査を受けるときとでは書き方が異なりますので、この点についても注意が必要です。

2.経営状況分析の申請

経営事項審査を受けるには、経営状況分析の結果通知書が添付資料として必要になります。そのため、経営事項審査を受審するまえに、経営状況分析を受けることが必須です。経営状況分析は、経営状況分析機関に対して行います。

3.経営事項審査へ

決算変更届の提出→経営状況分析が終わったら、経営事項審査に進みます。経営事項審査は予約制となっていますが、混雑時には、「予約の空が1カ月先」なんてこともあります。

スケジュールの確認を!!

決算変更届の提出をするための、工事経歴書の作成にどれくらいの時間がかかるのか?経営状況分析に必要な期間は何日か?経営事項審査を受審するための書類収集にはどれくらい時間がかかり、予約はいつぐらいに入れることができるのか?この点について、綿密なスケジュール調整を行っていただくことが肝心です。

3.工事経歴書の作成と上位5件の資料の準備

経営事項審査で最も大変なのが、「工事経歴書の作成と上位5件の資料の準備」です。他にも「確定申告書類」や「消費税納税証明書」や「技術者の資格証」など準備しなければならない書類は、たくさんありますが、最も念入りに確認すべき点が「工事経歴書の作成と上位5件の資料の準備」です。

工事経歴書の作成

工事経歴書は、『まず、元請工事の完成工事について、元請工事全体の請負金額の7割を超えるところまで記載します。それに続けて、元請・下請に関係なく全体の工事完成高の7割を超えるところまで、記載します』。この書き方(ルール)については、手引きにも記載がありますので、一度目を通しておく必要があります。

上位5件の資料の準備

工事経歴書を記載し終わったら、ルールに基づいて記載した工事経歴書の上位5件について、「契約書」「注文書と請書」「請求書と入金通帳」などの証拠書類を準備します。

勘の良い方ならお分かりかと思いますが、工事経歴書の記載に不備や間違いがあると、資料を再度、準備し直さなければなりませんね。経営事項審査を受ける際の工事経歴書の記載の仕方には独特のルールがあります。そのルールに基づいて、工事経歴書を作成し、その工事経歴書の上位5件について、資料を準備する必要があります。

4.経営事項審査を受けた後の手続き

「『経営事項審査を受けたいと思ったら真っ先に確認すべきこと』なのに、経営事項審査を受けた後の手続きについても確認が必要なのですか?」と突っ込みを受けそうですが、自信を持って「経営事項審査を受けた後の手続きについても確認が必要です」とお答えいたします。

皆さんが経営事項審査を受けたいと思ったのは、「経営事項審査で良い点数を取りたかったから」なのでしょうか?確かにそういった目的もあるかもしれませんが、その先にある「入札参加資格」を取得して「公共工事を受注」したかったからなのではないでしょうか?そうであれば、「入札参加資格申請→公共工事受注」への準備も確認しておかなければなりません。

経営事項審査が終わってから入札参加資格申請をするまでには、電子証明書を取得し、ICカードリーダを用意し、パソコンの環境設定を行わなければなりません。この段階でも、色々と手続きが発生しますね。

「そうだ経営事項審査を受審しよう!!」と思った理由が、経営事項審査を受審すること自体にあるのではなく、入札参加資格を取得して公共工事を受注したいという動機に基づくものであるならば、経営事項審査を受け終わった後の、入札参加資格申請の手続きについても視野に入れておかなければなりません。

ここでは、とりあえず、「経審を受け終わったら、それで終わり...」ということではなく、その後に、『「電子証明書の取得」や「パソコンの設定」や「入札参加資格申請」といった手続きがあるらしいということ』を頭の中にいれておいてください。

最後に、横内行政書士法務事務所から
経営事項審査を受けたいとお考えの御社にお伝えしたい事

はっきりいって、横内行政書士法務事務所は経営事項審査が得意です。上記の「経営事項審査を受けようと思ったら真っ先に確認して頂きたい4つのこと」以外にも、さまざまな準備やポイントがあります。

それをすべて自社で処理するのは、時間的・労力的にも厳しいのではないでしょうか?御社が横内行政書士法務事務所に経営事項審査を依頼するということは、上記の点も含めて、入札参加資格申請に至るまでの手続きを『専門家に外注する』ということを意味します。

慣れない手続き・作業を手探りで行うよりも、信頼のできる専門家にお任せした方が、御社も安心ですね。参考までに下記に料金表を掲載いたします。

何かわからない点やご不明な点があれば、どうぞ遠慮なくご連絡をください。

経営事項審査に関する料金表一覧

決算報告
決算報告(直前1期分)50,000円
経営事項審査関連
 

報酬以外に

必要な費用

報酬額

(税抜き)

お支払い額

合計

 経営状況分析

分析機関に支払う費用

13,500円

 

30,000円

 

43,500円

経営規模等評価申請及び

総合評定値請求申請

都に支払う

費用:1業種11,000円

 

100,000円

 

111,000円

建設業許可関連の申請実績一覧はこちら

横内行政書士法務事務所の過去の申請実績を一覧にしました。新規許可申請、10年の実務経験の証明に成功した実績、変更届、経営事項審査など、さまざまな実績を一覧にまとめていますので、どうぞ参考にしてみてください。

書籍出版のご案内はこちら

行政書士横内賢郎が書籍を出版しました。「建設会社の社長が読む手続きの本(会社設立から入札資格の取得まで)」のご案内は、こちらのページで。

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、建設業許可取得の要件については、もちろんのこと、経営事項審査や入札参加資格申請に至るまで、建設業者が必要とする様々な行政手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回、相談料について

【動画】横内行政書士法務事務所/事務所紹介

東京都の建設業許可/経営事項審査/入札参加資格申請でお困りの建設業者様へのメッセージです。横内行政書士法務事務所は建設業支援専門の行政書士事務所です。建設業許可のみならず、経営事項審査・入札参加資格申請・更新申請・業種追加申請・般特新規申請・変更届など、さまざまな申請に精通しています。

超おすすめ!許可・経審・入札の無料動画!絶賛配信中!

建設業の許可要件、決算変更届の必要性、特定建設業許可の取り方、経営事項審査の注意点...など、分からないことや知らないことは意外と多いですね。そんな建設業者さまのために、無料の解説動画をユーチューブにアップしています。全部で29本ありますが、ほとんどの動画が1分以内で終わる、『超、簡単解説』になっています。

建設業許可のことをもっと知りたい、経営事項審査について学びたい、という方はぜひ、視聴してみてください!!

横内行政書士法務事務所に寄せられたお客様の声

横内行政書士法務事務所のサービスをご利用頂いたお客様からの感謝の声を、お客様のご了承を頂いたうえで、ホームページに掲載しています。

  • 「ネットに顔が出ていたので安心できた」
  • 「お見積りが明確で安心した」
  • 「実際にお会いして適確なアドバイスを頂いた」など、

大変多くの『お喜び』と『感謝』の声を頂いております。次は、御社の番です。弊所サービスを利用して「東京都の建設業許可」を取得したり、「経営事項審査」や「入札参加資格申請」を無事終えている事業者さまは、たくさんいらっしゃいます。ぜひ、お客様の声を参考にしてみてください。

3日で終わる「無料メール講座」のご案内

「建設業の許可はとりたいけど、いきなり電話するのには抵抗があるな」とか「経営事項審査についてもう少し勉強したいな」という方のために無料メール講座を配信しています。なるべく基本的な事項に絞って、東京都建設業許可ならびに経営事項審査について解説しています。

まさに、『これから東京都の建設業許可を取得しよう!そのための準備を始めよう!』という方や『前から経営事項審査を受けてみたかった!』『公共工事の入札に興味がる!』という方にうってつけ。この無料メール講座は、3日で終わる簡単な講座です。ぜひ登録してみてください!!

1.「3日でわかる!建設業許可はじめの一歩」

2.「初心者のための日本で一番わかりやすい経審入門講座」

横内行政書士法務事務所にお越しの方はこちら

東京都新宿区高田馬場1-27-3ニュー竹宝ビル807

建通新聞にて建設業許可関連の専門家として紹介されました。

事務所所在地

〒169-0075
新宿区高田馬場1-27-3
ニュー竹宝ビル807

グーグルマップはこちら