東京都建設業許可申請・経営事項審査申請・入札参加資格申請のことなら、横内行政書士法務事務所にお任せください。

東京都建設業許可申請・経営事項審査・入札参加資格申請

横内行政書士法務事務所

東京都の建設業許可申請全般に精通した行政書士事務所です。
 
112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日夜間対応します。
事前にご連絡ください。


ご依頼者さま専用ダイヤル

03-6912-1255

建設業許可更新申請をご依頼されたお客様の感想

建設業許可更新申請について

東京都新宿区の建設業者さまからお声を頂きました

建設業の許可の更新の期限が近付いてきていたので、どなたかにお願いしようと考えていたところ、横内行政書士法務事務所からDMが届きました。その後、いろいろな事務所から許可更新のDMが届きました。正直どの事務所にお願いしようか決めかねていたところです。

そんな中、ホームページで探りを入れてみようと思い、検索をしてみました。中には、ホームページを持っていない事務所もある中で、横内事務所のホームページは充実していました。また、地図を拝見したところ、歩いて15分くらいの距離にあることが分かりました。

結局、「DMを頂いたこと」と「ホームページで検索をしたこと」が今回の依頼の決め手になりました。普段から都庁に行くこともなく、書類作成や書類提出の手続きには苦手意識が強かったので、専門家におねがいして良かったです。ありがとうございました。

横内行政書士法務事務所のコメント

ご依頼のきっかけがDMとホームページだったということで、DMを出していて良かったです。このお客様のもとには、他の事務所からも、DMが何通か届いているようでその中から幣所を選んでいただいたことにとても感謝しています。「更新申請はできて当たり前」みたいに思われがちですが、都の担当者は様々な項目を細かくチェックします。

具体的に記載すると、建設業許可の更新申請に行くと、建設業課の奥の棚から「事業者ごとのファイル」を持ち出してきます。『株式会社ABC』なら『株式会社ABC』のファイルがあるわけです。そのファイルには、過去の許可申請書類、決算変更届の書類、その他の変更届の書類一式が綴られています。そういった過去の書類と、今回の更新申請書類とを照らし合わせながら、例えば変更届の提出に漏れがないかとか、決算変更届の提出が漏れていないかとか、取締役や株主に変更はないか、といった会社の重要事項の変更について、書面上の漏れがないか1つ1つチェックしていくわけです。

会社の重要事項に変更がない場合には、更新申請はすんなり終わります。ところが、例えば、「本店の所在地が移転しているのに、その届出を怠っていた場合」や、「取締役が変わっているのに、その届出をしていない場合」は、変更届を提出しなければなりません。更新期限が間近に迫っているのに、新たに変更届を提出しなければならないとなると、困ってしまいますね。

仮に、会社の登記簿謄本の変更も行わなければならないとすると1週間から2週間程度の時間のロスになってしまします。「建設業許可更新申請については、時間に余裕を持って行いましょう」と言い続けている理由は、このような状態になって、焦ってしまわないようにするためです。

建設業許可更新申請でお困りの方は、ぜひ横内行政書士法務事務所までご連絡をください。下記には、更新申請に関連する記事を掲載しますので、参考にしてみてください。

「建設業許可更新申請」に関連する記事

更新・記事一覧

建設業許可関連の申請実績一覧はこちら

横内行政書士法務事務所の過去の申請実績を一覧にしました。新規許可申請、10年の実務経験の証明に成功した実績、変更届、経営事項審査など、さまざまな実績を一覧にまとめていますので、どうぞ参考にしてみてください。

書籍出版のご案内はこちら

行政書士横内賢郎が書籍を出版しました。「建設会社の社長が読む手続きの本(会社設立から入札資格の取得まで)」のご案内は、こちらのページで。

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、建設業許可取得の要件については、もちろんのこと、経営事項審査や入札参加資格申請に至るまで、建設業者が必要とする様々な行政手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回、相談料について

【動画】横内行政書士法務事務所/事務所紹介

東京都の建設業許可/経営事項審査/入札参加資格申請でお困りの建設業者様へのメッセージです。横内行政書士法務事務所は建設業支援専門の行政書士事務所です。建設業許可のみならず、経営事項審査・入札参加資格申請・更新申請・業種追加申請・般特新規申請・変更届など、さまざまな申請に精通しています。

超おすすめ!許可・経審・入札の無料動画!絶賛配信中!

建設業の許可要件、決算変更届の必要性、特定建設業許可の取り方、経営事項審査の注意点...など、分からないことや知らないことは意外と多いですね。そんな建設業者さまのために、無料の解説動画をユーチューブにアップしています。全部で29本ありますが、ほとんどの動画が1分以内で終わる、『超、簡単解説』になっています。

建設業許可のことをもっと知りたい、経営事項審査について学びたい、という方はぜひ、視聴してみてください!!

横内行政書士法務事務所に寄せられたお客様の声

横内行政書士法務事務所のサービスをご利用頂いたお客様からの感謝の声を、お客様のご了承を頂いたうえで、ホームページに掲載しています。

  • 「ネットに顔が出ていたので安心できた」
  • 「お見積りが明確で安心した」
  • 「実際にお会いして適確なアドバイスを頂いた」など、

大変多くの『お喜び』と『感謝』の声を頂いております。次は、御社の番です。弊所サービスを利用して「東京都の建設業許可」を取得したり、「経営事項審査」や「入札参加資格申請」を無事終えている事業者さまは、たくさんいらっしゃいます。ぜひ、お客様の声を参考にしてみてください。

3日で終わる「無料メール講座」のご案内

「建設業の許可はとりたいけど、いきなり電話するのには抵抗があるな」とか「経営事項審査についてもう少し勉強したいな」という方のために無料メール講座を配信しています。なるべく基本的な事項に絞って、東京都建設業許可ならびに経営事項審査について解説しています。

まさに、『これから東京都の建設業許可を取得しよう!そのための準備を始めよう!』という方や『前から経営事項審査を受けてみたかった!』『公共工事の入札に興味がる!』という方にうってつけ。この無料メール講座は、3日で終わる簡単な講座です。ぜひ登録してみてください!!

1.「3日でわかる!建設業許可はじめの一歩」

2.「初心者のための日本で一番わかりやすい経審入門講座」

横内行政書士法務事務所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

アクセス

03-6912-1255

住所

〒112-0002
東京都文京区小石川1-3-23
ル・ビジュー601

建通新聞にて建設業許可関連の専門家として紹介されました。